Blog

Vol.013 個別指導プラスジムの授業料は高いのか?
, ,

Vol.013 個別指導プラスジムの授業料は高いのか?

こんにちは。
個別指導プラスジムの塾長の原です。


「そろそろ塾を」と検討されていらっしゃる方は気になりますよね、塾の授業料。

「○○個別では、夏期講習で120コマ受講しなければならないって!」
「○○アカデミーでは、夏期合宿に参加しないといけないらしいわよ。」
「○○学院では、冬期講習で18万円も請求されたって。」

色々なウワサが飛び交います。
そもそも塾の月謝って明朗会計でないですよね。
授業料だけかと思いきや、教材費や模擬試験代や夏期講習費に冬期講習費まで・・。
あれやこれやと積み重なって、年額ではそれなりの金額になってしまいます。

ここではっきり申し上げておく必要があると思います。
個別指導プラスジムは低価格の塾ではありません。
我々が提供しているのは「授業」ではなく「体験」であり、通塾いただく生徒自身の「変化」です。
生徒にとって必要だと判断すれば、それなりの講習回数を提案させていただくこともあります。

別の表現でお伝えさせていただくと、

価値=得られた成果【A】/かかった費用【B】

ですので、価値を大きくするためには、「得られる成果」を大きくするか【Aの方針】、費用を少なくするか【Bの方針】、の二通りしかありません。
私たちは【Aの方針】を取っている塾だということです。

こういうお話をさせていただくと、とんでもない額の授業料を請求されるのではないかとご心配いただく方もいらっしゃるのですが、それはご心配無用です。
低価格を売りにした塾ではありませんというだけです。プラスジムのホームページには月謝料金がきちんと掲載されていますので、こちらでご確認ください。
ちなみに、地域の色々な塾のお月謝に関して、桜上水にあるテッ○ゼミナールさんが、ホームページ上で体系的にまとめてくださっています。
そちらのページを参考にされてみるのも良いかと思います。

個別指導塾の予算を考える際に欠かせないのが、講習費用です。
プラスジムの場合、教材費や模試代は完全実費なのでそこまで大きくはならないのですが、受験時ともなると講習費用はそれなりの金額となります。
受験生参加率は100%ですので、実態としてはほぼ参加するものと思ってください。
この提案回数には個人差がありますが、他の個別指導塾からプラスジムに転塾された方は回数の少なさに驚かれる場合もあります。例えば、千歳烏山駅近くの某大手個別指導塾では、烏山中学校の3年生の男子生徒に120回という夏期講習提案回数を提示されていました。プラスジムではそれと同等以上の成果(←夏期講習で偏差値が10以上伸びたのでそう言って差し支えないと思います、もちろん保護者様にも大喜びしていただきました)を52回の提案回数で実現しました。
そもそも、一日2コマ以上の授業を入れる提案をしないようにしています。

色々申し上げましたが、実際、「高い」と驚かれることも、「安い」と驚かれることも、両方あります。
明確な方針として持っているのは、「低価格の塾を目指していない」ということくらいです。
同じものを提供しているのであれば、安いほうがいいと思いますが、他塾と同じ価値を提供させていただいているわけではないので、比較しようがないというのが本音です。
「価値に対しての価格が最安値になるように企業努力をしています」ということだけはお約束できますが、それは塾としては当たり前のことですよね。

いずれにしても、「高いか、安いか」ではない塾選びの物差しが使えるなら、ぜひその視点で塾選びされることをお勧めします。