Blog

Vol.039 【塾のこと全て公開します!】数字でみる個別指導プラスジム

Vol.039 【塾のこと全て公開します!】数字でみる個別指導プラスジム


2018年01月30日更新



長らく生徒募集を停止させていただいておりましたが、ついに明後日より募集再開です。
今年はどんな生徒と出会えるのか今から楽しみにしています。

高校や大学について調べたいと思ったときに、学生数や教員数などについて事前に情報収集されるかと思います。塾についても事前にそのような情報があった方が、「塾選び」をしやすくなるのではないかと思い、塾長権限で情報を開示させていただくことにしました。
教室がブラックボックス化してしまっていて、「資料に月謝も書いておらず、行ってみないことにはどんな塾かわからない。行ったら強引な勧誘があって、何度も電話がかかってくるようになった。」では、気軽に子どもと塾を見学に行くこともできません。
どこの塾が一番合っているかは、それぞれのお子様によって違います。
学校選びがそうであるように、本来であれば色々な塾をみてまわってじっくりと比較検討していただくのが理想的です。
まずは個別指導プラスジムのことについても、事前に知っていただければと思っています。
2018年1月30日時点の個別指導プラスジムは以下のようになっています。

<生徒数>
生徒数

<生徒の中学校/高校>
■高校
西、芦花、駒場、北園、武蔵野北、小金井北、武蔵丘、杉並、府中東、豊多摩、松原、府中、多摩科学技術、都立富士、都立武蔵、麻布、雙葉、駒場東邦、国学院久我山、城北、芝、私立武蔵、光塩女子、明大中野、中大附属、錦城、成蹊、他多数

■中学校
西宮、烏山、三鷹第三、三鷹第六、宮前、富士見、上祖師谷、砧、学芸大附属小金井、都立三鷹、都立武蔵、駒場東邦、桐朋、国学院久我山、成蹊、武蔵野東、立教女学院、佼成学園、東京都市大附属、他多数

<講師数>
教室運営スタッフ(塾長含む)・・・4名
アルバイト講師・・・46名(※)
※46名中44名が東京大学/東京大学大学院に在学中、あるいは東大既卒。2名が一橋大学に在学中。

<月々にかかる費用>
以下のページで、簡単にシュミレーションしていただけます。

<平均通塾回数>
■高校受験生
夏までの英数国は非受験生とほぼ同じですが、それに加えて週1回の理社の自立学習授業があります。
9月以降は土日祝日含めてほぼ毎日通塾しています(9月以降の授業料は諸経費全て込みで約6万円)
■大学受験生
1学期は週2~3回、2学期から受験までは週3回~4回が標準です
■非受験生
英語or数学でどちらか週1回、もしくは英数の週2回が大半です

<個別指導以外のメニュー>
■都立高校受験コース
個別指導プラスジムの看板講座です。こちらについては以下のページをご参照ください。

高校受験に関しては、プラスジムは「個別指導専門」ではありません。 今春募集、3期生対象の「春の高校受験説明会」も開催しています。

■高校生学習管理
2017年度時点でプラスジムに通塾されていた高校生にのみご案内している特別メニューです。東大生が生徒の「勉強の仕方」から勉強内容まで全て管理指導します。昨年の東大理Ⅲ合格など相当な成果が出ているので、かなりオススメなのですが、現在は一般の募集は行っておりません。運営に手間をかけているのと、特殊な指導形態で担当スタッフの育成に時間がかかるためです。外部向けにもご案内させていただけるように準備中です。

<講習参加率、講習費の平均> ※2017年実績
■春期講習
講習参加率:74.0%/参加者の春期講習費の平均21,677円
■夏期講習
講習参加率:97.9%/参加者の夏期講習費の平均65,370円
■冬期講習
講習参加率:59.8%/参加者の冬期講習費の平均33,047円

講習は受験生と受験生以外では参加率や受講回数に大きな差が出ます。上記は全体の平均値ですが、受験生の講習費は平均よりも多くなります。
生徒の状況に合わせ、講習の受講回数を調整できるのが個別指導塾のメリットなのですが、それが年間予算をわかりにくくしてしまっているというデメリットがあります。
金額は人によって異なるので、上記数字は参考程度に捉えてください。
予算的に提案通りの受講が難しい場合には、自習などによる代替案も提案させていただきますが、不必要な授業を提案することはないので、なるべく受講いただきたいというのが本音です。
受験生に関しては、特別の事情がない限り講習にはご参加いただいています。
参加率を見ていただくと明らかなのですが、非受験生の講習参加は完全任意です。

<合格実績> ・・・過去3年間
■大学受験
東京大学(理科Ⅲ類含む)、一橋大学、慶應大学(医学部含む)、昭和大学(医学部)、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学、立教大学、明治大学、法政大学、中央大学、東洋大学、成蹊大学、日本大学、専修大学、東京都市大学、東京経済大学、武蔵野大学、大妻女子大学、他多数
■高校受験
<都立>
西高校、新宿高校、駒場高校、武蔵野北高校、武蔵高校、三田高校、北園高校、調布北高校、多摩科学技術高校、豊多摩高校、広尾高校、井草高校、石神井高校、杉並高校、芦花高校、武蔵丘高校、府中高校、鷺宮高校、杉並総合高校、府中東高校
<私立>
中大杉並、明大付明治、中大附属、日大桜丘(特進)、国学院久我山、日大第二、日大鶴ケ丘(特進)、佼成学園(難関国公立)、本郷、淑徳巣鴨(選抜)、法政大学、聖徳学園(難関国公立)、錦城(進学)、成蹊、東京農大第一、駒澤大学、日大桜丘(総進G)、杉並学院(特進)、佼成学園(文理)、日大鶴ケ丘(普)、専修大附属、東京電機大、大成(特進)、明星学園、他多数

実は、合格実績を公開させていただくのは今回が初めてです。
「実績が書いてないので不安」というお声をたまにいただくので、公開させていただきました。
ただし、当塾の理念としては「生徒の成長」が第一義と考えています。
合格実績ではなく「どれだけ学力が伸びたか」を重視しています。豪華な合格実績を出そうと思えば、最初から成績優秀な生徒を集めるようにすれば良いだけです。プラスジムはあくまでも「伸び幅」にこだわりたいと思っていますので、合格実績で他塾さんと競い合うつもりはありません。そのため、久我山駅近隣にお住いの方はよくわかりかと思いますが、プラスジムのチラシで合格実績を掲載したことは一度もないです。
過去問と模試結果を分析し、生徒個別の受験戦略を立てることは当然行いますが、特定校を奇策によって攻略するような塾でもありません。
あくまでも正攻法。きちんと学力を伸ばして実力で第一志望校に合格していただきます。

いかがでしょうか?一部の数字に関しては、当塾だけでなく個別指導塾全体を知っていただく際の参考値になるのではないかと思います。
皆様の塾選びの一助となれましたら幸いです。