Blog

Vol.063 本当は塾長ブログを書きたくない理由

Vol.063 本当は塾長ブログを書きたくない理由


2018年07月24日更新



毎週火曜日、塾長ブログを更新するようにしていますが、本当は書きたくありませんでした。
世界に一つしかない塾ですから、塾長がどんな考えを持って教室運営しているのかを知っていただくことは非常に大切なことだと思ってはいます。
開業時にはすでにホームページはあったのですが、ブログを書けるようになるまでにはそこからさらに4年近くの月日を要してしまいました。
なぜ、ブログを書くのが嫌だったのか?
理由は簡単です。
読む方が読めば、私と塾のレベルがすべてわかってしまうからです。
正直に言えば、怖かった。
文章ですから、適当なことを書けると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、大きな間違いです。これだけたくさんのことを書いて、決して誤魔化すことなどできません。
文章にはその人のすべてが出ます。

実は、この久我山という地域、全国でも相当な学習塾激戦区なのではないかと思っています。
まず、地域に住んでいらっしゃる方の教育に関する造詣が深い。
保護者様自身が、色々な意味で教養を持った方が多く、良識のある方ばかりです。
この地域の物件の価格や賃貸家賃などを考えればある意味では当然です。
選んでいただく方に「見る眼」がありますから、適当なごまかしなど通用しません。
さらには、たくさんの優良な学習塾の存在があります。
大手ながらも、地域の受験事情に精通した進学指導で、特にハイレベル層から圧倒的な支持を得ていらっしゃる「早稲田アカデミー久我山校」さん。
駅前の非常に目立つ立地でやはり大手の情報やノウハウを上手く生かしながら、高品質な進学指導を提供されておられる「市進学院久我山校」さん。
あえて競争しないようにさせていただきましたが、都立中高一貫校の指導力で圧倒的な「強み」を持っておられる「ena久我山校」さん。
個別指導塾も多いです。
全国最大の個別指導チェーンである「明光義塾久我山教室」さん、家庭教師の指導実績でも抜群の知名度を誇る「個別教室のトライ久我山校」さん。
そして、昨年OPENしたベネッセグループの「東京個別指導学院 久我山教室」さん。大手の強みを生かし、私たちが苦手とし、受け入れ人数を制限して対応させていただいている私立中学校や都立中高一貫校の学習指導が非常に得意だと聞いております※。
※参考http://www.kobetsu.co.jp/junior/guidance/private.html
このように、たくさんの塾がある中でも、特に注目しているのはやはり以下の2つの塾です。
一つが、TESTEA久我山校さんです。
うちと同じく東大出身の起業家である繁田先生が2006年に開業された教室で、久我山は創業教室になるそうです。個別指導塾ですし、高学歴講師が多いところなども非常に似ています。
いまやTESTEAさんは都内にいくつもの教室を展開されており、私たちとしても非常に励みになる存在です。同じ地域なので、切磋琢磨しながら子供たちの教育をより良いものにしていければと勝手に意識させていただいてます。
最後に、斗満学院さん。プラスジムと近いところでは、西荻窪と富士見ヶ丘に教室がありますが、私はこの塾の理念や教育方針に非常に共感をしています。自分の子供を通わせるとしたら、絶対にここですね(プラスジムを除いて、笑)。ブログを読ませていただいたり、通っていた生徒さんからお話を聞くことがありますが、学習塾かくあるべし!という私の理想を体現されている学習塾でもあります。

このあたりが、この地域で通塾をご検討させていらっしゃる方にとっての他の選択肢でしょうか?
なぜ、わざわざ挙げさせていただいたかと言うと、本気で塾探しをされていただいている方の一助となれればとの思いからです。

ここで冒頭のお話に戻ります。
もし、お子様のために本気で「塾探し」を探されていて、ご検討の選択肢の一つに「個別指導プラスジム」を挙げていただいているのであれば、過去の塾長ブログをすべて読んでいただくのが最もお勧めです。
私たちの塾のことは、嘘偽りなく、すべてここに書いてあります。
これを読めば、「合うか合わないか」はお問合せいただくまでもなく、おわかりいただけるのではないかと思っています。
今や63記事もありますし、それぞれの記事も長いので、とりあえずやってみてからでももちろん結構です。とても悩まれていて、本気の本気で塾探しをされている方に限定のアドバイスです。

特に受験生にとっては本当に大切な夏休み。
Vol.015 夏休み日中のダラけた生活がその先1年をダメにする

今年は異常な暑さが続いていますが、暑さに負けず、みんながんばれ!