講師採用

「学業優先主義」

深刻な人材不足が問題となっているこの業界で、プラスジムは常に業界の平均在籍講師数(生徒数比)を大きく上回る講師在籍数を実現してきました。
それも、東京大学を初めとした高学力人材に限定して。
それが出来たのは「学業優先主義」という明確な方針があったから。
単なる理想やきれいごとを言っているわけではありません。
「毎週のシフト登録制」という、創業以来続いている勤務体系がその理由です。
プラスジムの講師には、希望する労働量をすべて自分で裁量できる権限があります。
たくさん働きたいときにはたくさん登録すれば良く、学業や課外活動で余裕がないときには勤務日数を制限できます。
なぜ、このような勤務体系を実現できているのでしょう?
毎週の数十名の講師の登録、一人ひとりのシフト決定、それに基づく毎日のコマ割作成・・
膨大なシフト管理業務を効率的に行うための仕組みがあることは大きいですが、それよりも本質的な理由があります。
それは「お互いに協力し合う風土」です。
誰かが勤務できないときは、他の余裕のある誰かが勤務して、教室を支えてきた歴史。
仕組みまでは作れても、この風土を作ることが簡単ではないために、多くの塾では勤務日や勤務期間を雇用契約という書面で縛り、安定的な授業の供給を実現しようとします。
しかし、この契約が学生生活の大きな負担やリスクとなることは明らかです。
難しい試験やたくさんのレポート、就職活動に海外留学・・アルバイトする余裕が全くない日も長い学生生活の中では必ず出てくるからです。
そのため、学業に熱心な学生であるほどに、このような塾を敬遠することになります。
私たちはそのような存在になりたくありません。
最後に大切なことを。
「学業優先だから仕事は適当でいい」というのは私たちの考え方とは違います。
「学業」という、学生にとって最も重要な活動が上手くいっているからこそ、安心して良い仕事ができると考えています。
実際、ここで働く学生の仕事への責任感はアルバイトとは思えないレベルです。
自分の学んできたことを生徒に伝え、生徒に心から頼りにされることで、課外活動であるアルバイトにも「楽しさ」を発見してくれています。
ここで働いてみようかなと考えるあなたにとっても、きっとそれは同じはず。

お会いできる日を楽しみにしています。


「プラスジムのアルバイトをお勧めする理由」

(以下は、少し長くなるので真剣に検討している人のみ読んでください)

労働条件か、将来性か、職場の人間関係か?

厚生労働省が『雇用動向調査』という資料を公表しています。
資料の中に「転職入職者が前職を辞めた理由」という調査項目があります。
最近の結果を要因別にみると、「労働条件や給与」、「将来性」、「人間関係」の順に離職理由が多くなっています。それぞれをプラスジムに当てはめてみます。

■労働条件や給与
私たちが自信を持って、このアルバイトをお勧めする理由が「労働条件」。
皆さんの学生生活に最大限寄り添った勤務体系であることを目指しています。
「休みたいときにはしっかり休めて、働きたいときにはしっかり働ける」
留学や帰省や試験前の勉強、休みたいのに無理に働かされた!なんてことは絶対にありません。
給与に関しては、内容を確認の上、納得して応募してきてください。
会社の成長や働き方次第で、さらに良くなる可能性はあります。

■将来性
この会社で一生働くつもりで応募を検討していただいてるわけではないですよね?
それはすでに働いているほとんどの講師も同じ。大学卒業のタイミングで、この塾を離れていくことになります。そんな講師を私たちは「卒業生」と呼んでいます。
一般応募枠とは別に、独自の採用ルートで優秀な大学生を集めていますので、卒業生の就職先も超一流!ここでの仲間との交流が皆さんの将来に役立つことは間違いありません。
卒業生との交流の機会もあります。

★プラスジムで働いていた講師達の就職先※
外務省/財務省/国土交通省/東京大学/明治大学/三井住友海上(アクチュアリー)
※開業後数年のため、大半の講師が在学中です(大学院を含む)

■職場の人間関係
採用においては「人格」を最も重視しています。
難しいことではありません。御礼をいえる、挨拶ができる、約束を守る、など人間として当たり前の基本動作をきちんとできる人を求めています。
人間関係が理由で職場を去っていた講師は過去に一人もいません!


プラスジム久我山教室へのアクセスはこちら
講師に関するブログ記事はこちら


講師募集1講師募集9講師募集10講師募集4講師募集5講師募集2講師募集3講師募集9講師募集7講師募集6講師募集8講師募集



プラスジムアルバイト講師募集案内 (2019年04月01日現在)

講師募集要項(スマホは横画面で見てください)


ご興味を持たれた方は、下記よりお問い合わせください。

氏名

ふりがな

大学名 / 学部名 / 学年

EMAIL

電話番号

最寄り駅

お問合せ教室
 久我山教室

質問、意気込みなどどうぞ!(ご紹介者がいれば、その方の名前もお書きください)

 入力内容確認画面は表示されません。送信ボタンを押せばメールは送信されます。宜しいですか?