Blog

Vol.001【塾長挨拶】プラスジムブログをよろしくお願いします

Vol.001【塾長挨拶】プラスジムブログをよろしくお願いします

こんにちは。
個別指導プラスジムの塾長の原です。

個別指導プラスジムでは、この度、塾ブログを開設させていただくことになりました。
日々の塾の様子や、当塾の教育理念などについて書かせていただければと思っております。

2013年1月、久我山に開校した個別指導プラスジムは、地域の皆様のご愛顧もあり、2年目の2014年には満席で入塾をお断りさせていただくほどの急成長を遂げることができました。
現在も100名以上の生徒様に通塾していただいています。
大切なお子様を預けていただいている保護者の皆様、これまでに当塾をご利用くださった皆様には大変感謝しております。これだけ多くの学習塾がある久我山で、個別指導プラスジムを選んでいただき、
本当にありがとうございます。

「なぜ、久我山に塾を作られたのですか?」 という質問をよくいただきますので、この場を借りて最初に説明させていただきます。
私はもともと関西出身で、東京で生まれ育った人間ではありません。
だからこそ、なぜこの場所に?ということなのですが、理由は本当に個人的なことになります。
教室のあるこの場所から自転車で10分程度の場所に私の祖父母の自宅があったからです。
このように子どもの頃からよく来ていた場所で土地勘があったから、というのが、最初のきっかけです。そして、「たまたま」この場所で、いまの教室となっているこの物件(玉井ビル)と巡り合ったのです。
学習塾を開校するのに適した物件の条件は色々ありますが、いまの久我山教室になっている物件はまさにそんな物件でした。特に通塾の便利さと安全面において、ここまで条件の整った物件というのはなかなか出会えるものではありません。駅から徒歩1分という距離でありながら、敷地内に駐輪ができるというのは個別指導塾のための物件としては、奇跡のような条件です。

「個別指導プラスジムは他の個別指導塾と何が違うのですか?」 と質問していただくことは少ないですが(笑)
通塾をご検討いただく際にはとても重要なことなのではないかと思います。
実は、この質問は、なぜ私がここに教室を作ったのか、という観点からご説明できます。
駅から遠くても中学校や高校に近ければ良いのではないか?と思われる方もいらっしゃると思いますが、個別指導塾にとって駅近であることは良い塾選びの条件になりえる、と私は考えています。なぜなら、「個別指導塾の良し悪しは、講師の良し悪しによって決まる」 からです。
そして、講師の働きやすさという観点で考えてみた場合、駅近くの教室の方が良い講師を採用するのに
圧倒的に有利になります。

考えてもみてください。
生徒さんは地域から集まるので自転車通塾でも大丈夫ですが、講師やスタッフはほとんど別の駅からやってきます。駅についてから徒歩で10分以上かかる、あるいは駅からはバスでアクセスしなければならない、となると勤務のハードルは上がります。
経営努力によって駅から遠くても良い塾を作ることは出来ますが、他が全く同じ条件なら駅から近い方が良い講師を採用できる可能性が高くなるに決まっています。
経営努力もして立地も良い、というのが理想的です。

ここ久我山では個別指導プラスジム以外の塾もほとんどが駅近くに教室を構えておられます。
ですので、立地という観点から見た採用条件に関して、違いはほとんどありません。
それでも私がこういうことを述べたのは、ここに私の教室作りにおける基本的な考え方が
現れていると思うからです。
立地はあくまでも出発点であり、そこから一歩先の指導を実現するために、ここでは日々どんな工夫をしているのか、そんなこともこのブログでお話させていただければと思っております。

  「教室という舞台の主役は生徒、そして講師」 塾長である私はそんな舞台のプロデューサーだと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。