Blog

プラスジムオンライン化の現状(2020年4月現在)

プラスジムオンライン化の現状(2020年4月現在)



2020年04月23日投稿
2020年04月23日更新


4月7日に緊急事態宣言が出されてからはや2週間が経ちました。

学校もお休みになっている中で、通塾生には何とか勉強の手が止まらないようにしてもらいたいと、この2週間あれこれ試行錯誤を続けております。
現在のプラスジムが今どのようになっているのか、気になっている近隣の方もいると思いますので今回いくつかご紹介させていただきますね。

現在、塾に通っていないが勉強している様子がなく心配、と思っている保護者がいらっしゃいましたら、ご相談にも乗れたらとも思っています。
友だち追加

他塾の方でも、参考にしたい・詳しく聞きたいという方がいればぜひお気軽にご連絡ください。


1、オリジナルの授業動画を作成しています

今回の緊急事態宣言が出される前の2月後半から、オンライン授業に対応できるように中学生の全範囲内容を動画にしようと決めて作り始めました。
まずは英数に着手し、現在3年間の全範囲の約半分は作成が終わっています。

内容も既存のテキストを進めるのではなく、同じように作成したオリジナルの授業プリントをもとに作り、こういったことを始める際によく問題になる著作権の問題をクリアにしています。

プラスジムの現状5

動画は教室の一部をスタジオ化しiPhoneで撮影。編集した動画はYouTubeにアップという流れで作っています。(現在は塾生に限定公開しています)
作った動画は、さっそく後述の授業に導入しています。


2、全生徒オンライン個別指導に切り替えました

個別指導授業はすべてオンラインに切り替えています。

もともとの形態は1対2の個別形式授業なのですが、テストした結果、指導効率を考えて1対1に指導形式を変更(高校生はもともと1対1)。
時間割も修正させていただきました。

中学生に関しては、オリジナル動画とプリントをメインに使い、授業を進めています。
現在、開講できないほとんどの塾が、おそらくオンラインという名前の授業形式に切り替えていると思いますが、その大半は「動画を見る(もしくはそのあとアプリなどで自学自習をする)」または「今までと同じ授業をオンライン上で行う」のどちらかでしょう。

プラスジムでは、動画授業のいいところ(何度も視聴することができる・クオリティが一定、など)と個別指導授業のいいところ(生徒の様子を見れる・進度の調整ができる、など)を組み合わせて授業を実施することに決めました。

①動画の視聴②プリントの演習(ここまで授業前に実施)③(ここから授業)宿題、プリント内容を解説④次回までの宿題を提示、という流れで進めています。

プラスジムの現状2

タブレットを購入し、授業はすべてZOOMと呼ばれるコミュニケーションアプリを使用。
指定された時間に生徒と講師をつなぎ、お互いの顔や手元が見えるような形式を取っています。

こうした形式を検討される場合の懸念として、講師と生徒に任せておくのは不安・指示が出せない、などがあると思いますが、プラスジムでは社員が複数のタブレットを使用し全授業を管理。
講師への指示や生徒との円滑なやり取りをリアルタイムで行うことで、そうした懸念は払拭ができています。

プラスジムの現状6


3、オンライン自習室を開室

self_studyroom

自宅での自主学習をより集中して進めてもらうための「オンライン自習室」という仕組みもスタートさせました。

詳しくは、ネットで検索してもらうと色々出てくると思うのですが、
・家で自分だけの力だとなかなか自習に集中できない
・だれかに相談もできないしはかどらない
・誰かが自習している様子を見ることで自分も頑張れる
といった生徒にはぜひ積極的に利用してもらいたいものになっています。

個別指導授業と同じくZOOMというアプリを使用しているのですが、生徒からも他人が勉強している様子が見え、また困ったことがあれば待機している講師に質問もできます。

特に高校受験生や大学受験生は、毎日この仕組みで自習している生徒もいますし、集中できていない生徒がいたら、こちらから指示を出すことも可能です。
学校が始まるまではありますが、いい仕組みになっているのではないでしょうか。

プラスジムの現状8


4、朝活や週1の学習相談を実施(高校受験生)

夏休みが減ってしまう恐れがあるなかで、この時期の高校受験生への対応を非常に重視し、毎朝9時から全員そろっての朝活を始めています。

内容はさまざまですが、ストレッチをしたり、朝の頭の回転を促すような問題を日替わりで実施。
さらに週に1回、生徒1人1人と担当講師とオンライン上での面談機会を作り、進捗確認と今後の学習計画も立てています。

プラスジムの現状9

(生徒に向かってストレッチをしている講師)

毎日が休みで、どうしても崩れがちな生活リズムが整えられるように意識してもらっています。

これもまたアプリを使用し、生徒全員の様子を見ながら進めています。
プラスジムの現状7

ちなみに、朝活のあとは上記のオンライン自習室につなぎ、全員最低1時間以上の自習を義務付けています。


ひとまず、今プラスジムで実施している取り組みをご紹介させていただきました。

早く元の生活に戻ってほしいと願う一方で、願っているだけでは取り返しのつかないことになる可能性も常に念頭に置いています。
個別指導プラスジムでは、形式は変われど引き続きお通いいただいている生徒様の目標達成にむけて誠心誠意努めていきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 


パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

Sponsored Links





この記事をシェアする



その他オススメ記事