Blog

第16回「都立受験チーム座談会②〜前半戦を振り返って〜」
,

第16回「都立受験チーム座談会②〜前半戦を振り返って〜」



2020年09月16日投稿
2020年09月16日更新


no-img2″></p>
<figcaption class=
老田

第16回は、都立受験チーム座談会の後編です。
今回は、これまでの振り返りと後半戦への意気込みを話していただきました。
前編を読んでいない方は先に第15回記事から読んでください!

バックナンバーはこちら

座談会の様子
1人1人が様々な切り口から振り返りをしてくださり、都立受験コースへの思い入れの強さを改めて感じることができました!

コロナ禍に見舞われた前半戦を振り返って

no-img2″></p>
<figcaption class=
老田

皆さん、これまでの活動はいかがでしたか?
今年度はコロナの影響が少なからずあったと思うのですが…。

no-img2″></p>
<figcaption class=
上野

4月にいきなりオンライン授業に切り替わることになった時は、どの程度できるのか不安でしたね。
オンラインJJJ会(第4回記事をご覧ください)は初め運営がバタバタしましたが、試行錯誤を重ねることで可能性が少しずつ見えてきました。
今まではオンラインの塾というと講義映像を見るだけの一方的なイメージでしたが、ツールを選べば双方向のやりとりも可能であることに気付きました。
それでも画面越しだと感情を100%汲み取ることは難しいので、それを見越して慎重に対応する必要性はあるんですけどね。

no-img2″></p>
<figcaption class=
岩下

僕も初め、オンラインでの運営は心配でした。PCを日常的に使う自分でさえ抵抗を感じたので、中学生は尚更かなと思って。
でもそこはこれまでのノウハウの蓄積と、受験コースの生徒たちの飲み込みの早さに救われました。
数学は昨年度思うように成績を上げられなかったので、今年も不安だったというのが正直なところです。
しかし、8月Vもぎでは偏差値を大きく伸ばすことに成功しました。
数学の入試対策を前倒しして始めたことが功を奏したのだと思っています。

no-img2″></p>
<figcaption class=
近藤

私もオンラインだと生徒の本音を汲み取るのが難しいと感じていて、「早く対面授業に戻ってほしい!」と思っていました(笑)
ただ、突然のオンライン化によって、生徒も私たちも臨機応変に対応する力がついたと思います。
生徒たちには、ここで身につけた対応力を勉強だけでない、さまざまな場面で発揮してもらいたいですね。
あと、オンライン自習室を通して生徒が勉強している様子を見られたのが新鮮でした。
面談の時、それを生かしたアドバイスもできましたし。

no-img2″></p>
<figcaption class=
宮武

私はオンライン授業も良かったと思っていますよ!
誰もが不慣れな状況の中、一緒に模索していく感じが楽しかったです。
休校期間があり、中学生も予習必須の勉強スタイルに自然と切り替わりました。
予習→復習のサイクルは本来あるべき勉強の仕方なので、強制的にでもその流れが作れたことはコロナ禍における貴重な利点だったのではないでしょうか。
先が見えない中での勉強は大変だったと思いますが、受験コースの生徒たちが生き生きと楽しそうに勉強してくれていたのがとても良かったです。

後半戦に向けて

no-img2″></p>
<figcaption class=
老田

それでは最後に、後半戦に向けての意気込みをお願いします!

no-img2″></p>
<figcaption class=
近藤

2学期の頑張りによって、入試配点の3割を占める内申点が決定します。
そのため、ここからしばらくは学校のことに力を入れてもらうことが大事だと考えています。
受験チームとしてそのサポートをしつつ、担当教科の社会では、10月Vもぎに備えて歴史単語帳のパワーアップを生徒たちと一緒に頑張っていきます!

no-img2″></p>
<figcaption class=
岩下

数学に関して言うと、10月Vもぎから中3の内容も範囲に含まれます。
2学期からは、そうした習って間もない知識も本質から理解してもらえるような対策を実践していく予定です。
また、8月Vもぎで成果を得られた生徒はこの時期、次の目標に向かう意識が薄れがちです。
生半可な気持ちで2学期を過ごさないように、中間テストや10月Vもぎに向けた呼びかけも徹底していきます!

no-img2″></p>
<figcaption class=
上野

理科も10月Vもぎから中3範囲が加わります。
内容自体が難しくなりますが、わかりやすいところから対策を始めて自信を持ってもらえるよう導いていきます。
また、中間・期末テストがありVもぎも毎月のようにある2学期は、最も「切り替え」が物を言う時期です。
その辺りのメリハリが生徒の中に根付くよう、僕たちも切り替えを促すような声かけを工夫していきます!

no-img2″></p>
<figcaption class=
宮武

これからの時期は、成績が伸びないことを気に病む生徒が出てくると思います。
でもそれは、受験生みんなが頑張り始める時期だから仕方のないことです。
夏までに勉強体力をつけて成績もある程度引き上げることはできたので、ここからは維持に努めてもらいたいと思います。
偏差値は放っておけば下がっていくもの。キープするだけでも立派で、大変なことです。
私たちも生徒たちのモチベーションを切らさないよう、後半戦も全力でサポートしていきます!!




no-img2″></p>
<figcaption class=
老田

都立受験コースの生徒・先生方がこの半年間、突然のオンライン化にも臨機応変に対応し、前向きな姿勢で向き合い続けたことが伝わってくる座談会でした。
今後もどのようなチームに成長していくのか、目が離せませんね。
受験チームの先生方、ありがとうございました。
さて次回は、8月Vもぎの正式な結果を発表します。
さらに、それにちなんだ都立受験コース通信初の試みも行いましたよ。
来週の記事もぜひ楽しみにしていてください!!




パソコン用の画像
スマートフォン用の画像
パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

Sponsored Links






この記事をシェアする



その他オススメ記事